注文住宅は人生最大の道楽だ

アクセスカウンタ

zoom RSS 妄想か。もし金融と情報が支配されているとしたら?

<<   作成日時 : 2012/05/03 09:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前にこんなことを考えたことがあった。

もし世界中が資本主義国になって、世界に銀行がひとつしかなかったとしたら、この世界は全てその銀行のものになるのではないか、と。

そんなことを考えたのは資本主義ということを理解しようとしたときに、物事を単純化しようという試みだった。


ところが、苫米地英人さんの本を読むとそれはあながち空想ではないかもしれないと思えてきた。

私が妄想する世界でたったひとつの銀行とはFRB(米連邦準備制度)のこと。

これは国の機関ではなく、民間団体だという事実。

そしてこれに反発したJ.F.ケネディは、政府が自ら自国通貨を発行しようとして暗殺されたという事実。


もうひとつ、情報とはグーグルの急速な拡大とフェイスブックの広がり。

私たちは今や当たり前のようにグーグルで検索し、フェイスブックで個人情報をたれ流す。

さらにはクレジットカードやスイカなどの電子マネーを使って買い物をする。

これらの情報が全て把握できる組織があるとしたら、世界はどうなるだう?

私が昨日、何を検索しどこへ行き何を購入したか、全ての情報を手に入れることができる人たちがいるとしたら、どうなるだろう?

恐ろしい。

自分が漠然と欲しいなあと考えいるものが、明日、ダイレクトメールで情報が入ってくる世の中になるかもしれない。

知らず知らずのうちに。

実はCMというのは、既にそういうものかもしれない。


・・・

それが住宅購入となんの関係があるのかって?


住宅ローンというのは金融商品である。

しかも一般のサラリーマンにとっては、一生のうちで一番大きな買い物だ。

まさか、現金一括払いという訳にはいかないだろう。

金融商品にはリスクがある。

リスクというのは、それを認識するところから防衛が始まる。

持ち家か賃貸かの選択も含めて、リスク認識は大切。

それには世の中の仕組みをできるだけ理解しておいた方がいいと私は思う。


こうじ



経済大国なのになぜ貧しいのか?
フォレスト出版
苫米地英人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 経済大国なのになぜ貧しいのか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


(c) こうじ 2009-2012

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
妄想か。もし金融と情報が支配されているとしたら? 注文住宅は人生最大の道楽だ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる