注文住宅は人生最大の道楽だ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログタイトル、変えました

<<   作成日時 : 2013/07/14 06:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブログタイトル、これまでは

「注文住宅のススメ」

でしたが、今日から

「注文住宅は人生最大の道楽だ」


に変更いたしました。

我が家はこの家で暮らし始めてから7年が立ち、毎日幸せな日々を送っています。

ですから、同じように注文住宅を希望される方には、自分の経験を皆様にお伝えすることには変わりないのですが、東日本大震災以降、ずっと考えていたことがあるんです。

それは、

自分の家を持つというリスク



それまでは賃貸か持ち家か、マンションか一戸建てか、それはどちらが損か得か、という視点でしか物事を見ていませんでした。

けれど大震災を経て、津波、活断層による地割れ、液状化現象そして原発リスクを目の当たりにし、今の場所に住み続けられないリスクがあることに気づかされました。




私たちが住む埼玉県でも液状化現象で住めなくなった地域がありますし、原発からは200km圏内で、決してこのまま住み続けることができなくなるリスクとは無縁ではありません。

そして家を建てることは大枚をはたいた道楽とも言えます。

生きるだけなら雨風をしのげる器があればいいので、注文住宅である必要はないし、賃貸であればいつでも引っ越せるという利点があります。

一方で自分でプランを描き間取りを考え、図面で見たとおりの家に住むという暮らしは、とても大きな自己満足感を得ることができます。

そう、あくまで自己満足なんです。

私はリスクを取ってこれから一戸建てで暮らそうとするなら、程度のいい中古の賃貸物件を探すことが選択肢のひとつになります。

もうひとつの選択肢は、アベノミクスとやらでインフレを目指していると政府が公言するのなら、今のうちに低金利で家を購入し自分の持っている「円」という資産を「家」という不動産に変えておく。ということもあり得ます。
その時、今なら私は固定金利型の住宅ローンを選ぶでしょう。

今の1ドル=100円が、1ドル=200円になると仮定すると、相対的に円の価値は半分になります。

一方で日本は移民政策でも進めない限り人口減少は明らかなので、長期的には不動産価格は下落するでしょう。

どのリスクを取るかは自分で決めるしかないですが、一番大事なのは

無理はしない。 背伸びはしない。


ということに尽きるのだと思います。

生きている限り、様々なリスクがあります。

突然の解雇や倒産、病気、離婚、etc

繰り返しますが、家を建てることはとても素敵な道楽で、家に暮らし続けるだけでその道楽が続きます。


一方でリスクもあります。

損得勘定で考えると、止めた方いいかもしれません。

この記事を読んでしまうと持ち家を考えている皆様は逆に迷ってしまうかもしれませんが、私の今の偽らざる気持ちです。

いずれにしても、皆様が幸せな暮らしができますことを心からお祈りしています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

(c) こうじ 2009-2012

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログタイトル、変えました 注文住宅は人生最大の道楽だ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる