注文住宅は人生最大の道楽だ

アクセスカウンタ

zoom RSS 給湯器が点火しないのだ

<<   作成日時 : 2015/10/17 07:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 子どもたちの夏休みが終わり、運動会が近づいた頃の日曜の夕方、お風呂から長女の声が聞こえてきた。
「お母さん!シャワーのお湯が出なくなったんだけどー」
 そしてすぐにツマから、
「ちょっと見てみてー」
と声かがかかる。

 すでに風呂上がりで新聞を広げながら居間でくつろいでいたボクは慌てて立ち上がり、給湯器のスイッチパネルを見に行くと、電源ランプはついてのにキッチンの蛇口からお湯を出そうとしても、点火のマークが点灯しない。

 こういうときは電源を切るに限る。

 でも何度繰り返しても状況は変わらない。
それを見ていたツマは
「お風呂のお湯残ってるでしょ。それでシャンプーして」
と娘に声をかけました。

 ボクは本棚の奥にしまってある分厚いカタログファイルを取り出して、給湯器の取説を探します。
「さっきまで点いてたから、点火系がやられたんじゃないかなあ」
ツマにそう話すと
「今度の土曜日は運動会だし、北海道から友だちが泊まりに来るから、お風呂に入れないと困るわねえ」
と返す。

 確かにそうだ。
「取りあえず明日は月曜日だから、朝一番にガス屋さんに電話して、一度見に来てもらおう。もしも給湯器の交換になったら痛い出費だねえ」
 そして月曜の夜は早く帰るようにするから、みんなで近くの健康ランドに行こうという話になった。

 そういえば数日前にツマと
「夏休みはどこにも行けなかったし、たまには温泉でも行きたいねえ」
なんて話をしていたら、まさかこんな形で実現するとはね・・・

 車で20分も走ると隣町に2件ある健康ランドに行くことができるので、月曜日と火曜日は別の場所でお風呂。
この家に引っ越してきて8年がたつけど、健康ランドに行くのは初めてで、子どもたちは楽しそう。ジツはボクもちょっと楽しんでた。
 ガス屋さんは月曜に来てくれ、機器のリセットはできず、故障していることを確認してからメーカーに連絡。メーカーのサービス部門の人が水曜日に来てくれることになった。

 水曜の夕方19時頃に帰宅すると、ちょうどメーカーの人の点検修理の最中で、聞くとやっぱり点火プラグがスパークしなくなってるとのこと。
雨が続くと点火系がやられることが多いらしい。
今年の9月は大雨の日が多く、近くでは浸水被害もあったことからガスメーカーの人も休日返上で対応にあたっていたとのこと。
ボクたちはみんな誰かに助けられて暮らすことができているのね。

 ついでに給湯器の寿命について聞いてみると、一般的には燃焼時間で3,000時間、経年劣化は10年程度ということで、我が家の場合、燃焼時間は2,000時間と教えてもらたので、うまくいけば燃焼時間で1,000時間、あと4年は使えそうだとわかりました。

 ちなみに給湯器は安くても16万円は下らないらしいから、4年後までにそれくらいの支出は覚悟しないといけないということもわかった。

 そう言えば、そのまえに10年が過ぎた家にはどれくらいメンテナンスの料金がかかるのだろう。

お金がかかることばかりだなあ。


給 湯 器:ノーリツ GT-C2431AWX
交換部品: 1,100円(イグナイタ)
      1,100円(点火プラグSET EBT SET-V)
出 張 料: 2,200円
技 術 料: 2、200円
診 断 料: 7,200円

合計金額:11,600円(税別)



画像


(c) こうじ 2009-2012

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
給湯器が点火しないのだ 注文住宅は人生最大の道楽だ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる