暮らし始めて9年がたち *** 小さいことが気になるナア

 この家で暮らし始めてから9年が過ぎましたが、今でもたまに小さいことでが気になります。例えばこんなこと。 1. 寝室の西側の窓は日当たりが悪いから、もっと小さな窓にすればよかった。 2. 2階の子どもたちの部屋には大きな押入を作ればよかった(実際は半畳の収納庫が2つ)。 3. 階段北側の明かり取りの窓はひとつでよかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平屋でよかった?

 ベトナムという国の人たちは家族で雑魚寝が多いという。そんな国で育った若者たちが企業研修等で来日したとき、会社が気を利かせて寮を用意し個室を与えると、精神不安定になる子がいるらしいよ。と今年の1月に出張に行ったときに現地の社長が教えてくれた。  koji家は長女が生まれてからは川の字で床につき、長男が生まれてからは4人で雑魚寝。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温もりの寝室

「君たち、父の枕を取ったり、寝場所を取ったりしないように」  薄暗い豆電球の下で布団に入ったばかりの子どもたちに声をかけると、笑いながら返事が返ってきた。 「寝てるからむりー」 とは長男。 「だって気持ちいいんだもん、しょうがいないじゃん」 とは長女。  毎夜ではないけれど、仕事から早く帰ることができた日や週末は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

給湯器が点火しないのだ

 子どもたちの夏休みが終わり、運動会が近づいた頃の日曜の夕方、お風呂から長女の声が聞こえてきた。 「お母さん!シャワーのお湯が出なくなったんだけどー」  そしてすぐにツマから、 「ちょっと見てみてー」 と声かがかかる。  すでに風呂上がりで新聞を広げながら居間でくつろいでいたボクは慌てて立ち上がり、給湯器のスイッチパネルを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか小さな家を建てたい

将来、子どもたちが大きくなって家を出たら、今の家は夫婦二人には広すぎるので、もう一つ小さな平屋の家を建てましょう。 そして今の家は人に貸して、家賃収入で新しい家のローンを払います。 もし子どもたちの二人のどちらかが結婚して、家が欲しくなったときには我が子に家を貸し、老夫婦が少し離れた場所で暮らすのもいいなあ。 スープの冷めない距離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

押入れが欲しい

我が家の2階には、4.5畳の和室と変形10畳の洋間があり、洋間の方は二つに分けられる設計になっています。 収納は各部屋に半畳の収納と廊下にも同じ半畳の収納が2個あるので、十分かと思っていましたが、実際住んでみると押入れがないので布団を入れる場所がない。 せめて4.5畳の和室には1.5畳分の押入れを作るべきだったと激しく後悔しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全面ソーラーパネル

妄想なら南側の屋根を全面ソーラーパネルにするのがいいなあ。 せっかくだから瓦の上にパネルを後付けするのではなくて、設計段階から屋根をソーラーパネルにするのがかっこいい。 それに瓦の上にパネルを載せるのって、非効率的だと思うんだよね。 最初からきちんと施工して外観を美しく、そしてパネルの下はしっかりと断熱材を入れます。 家の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more