土地の神様と運命の出会い

金曜の夜、神野さんから一枚のFAXが自宅に届いた。
そこには、S町の土地情報が載っている。
そして神野さんからの電話。

 「今日入った情報なのですが、以前お邪魔したときにS町でもよいというような事をおっしゃっていたかと思うので、急いで連絡しました。明日はお休みですか。よろしければ、お迎えに上がりますので、一緒に土地を見に行きませんか」

僕は妻に
「神野さんがFAXで連絡した土地を見に行きましょうって言ってるんだけど、どうする?」
「いいんじゃない」
と妻が何気に言うので、
「分かりました。それでは、明日の10時でいかがですか」
「わかりました。明日の10時にお迎えに上がります」
とあっさり決まった。

そして土曜日。
秋の空がさわやかに晴れ渡った週末、子供たちをチャイルドシートに乗せて、神野さんの車の後ろに付いていく。
20分くらいで、その場所に着いた。


いまは更地になっているその地は、20数年前、いまのKホームの社長が家を建てたそうで、古くからの付き合いだから土地は間違いないとの事。

その当時100坪あったのを半分に割って、50坪ずつでの分譲。
角地の方は既に買い手が付いているが、もう片方は決まりかけていたのがキャンセルになったそうだ。

そこは東側に6m道路があり、形はほぼ真四角、道路側11m×奥行き15mといったところか。
道路より少し土地が高くなっており、見渡すと道路よりも西側(奥行き側)は周りの土地も高くなっているのがわかった。
近くに川があるのだが、これなら水害の心配もなさそうである。
近隣はわりと古くからの住宅地のようで、新築らしき家は見当たらない。
近くに幹線道路があるのだが、3ブロック奥に入っており、車の行き交う音は聞こえず、静かなところであった。


家の近くに公園があり、子どもたちが行きたいと言い出したので、「ちょっと回りの様子を見ながら公園に行きますか」と神野さんを誘い、歩いて公園にむかった。

娘はお砂場に座り込んで砂いじりを始め、息子はブランコに乗って遊び始めた。

僕は神野さんと雑談をしながら、幹線道路の音に耳を澄ませ、空気の匂いを嗅ぎ、五感を働かせながら辺りの様子を伺っていた。

神野さんがぼそりとつぶやく。

「いかがですか。あの土地」

「うん。なかなか良いですねえ。価格も決して高くないようですし」

「社長が昔から縁がある土地ですからねえ。ご近所に変な人もいないと思いますよ」

「幹線道路の音もそんなに気になりませんね」

「そうですね。静かなところだと思いますよ。駅までもそんなに遠くないですし」

などと営業トークに合わせて、会話を進めていた。

神野さんはまた、
「奥様はどうですか?」
と水を向ける。

妻は少しだけ困惑した顔で、
「主人に任せてありますから。でも静かで、広めの道路が付いているのはいいなあ、と思います。」と答える。

僕は妻に、
「どうする?いままで見た中では、比較的安いし、そんなに土地の高低が低いわけでもないし、東側の6m道路はいいと思うけど」
と問いかけると妻は、
「そうだねえ。いいんじゃない。うん。広めの道路はいいなあ」
「形もいいしね。ちょっと駅まで距離があるようだけれどね」
そんな夫婦のやり取りをみて神野さんは、
「どうでしょう?気に入って頂ければ、買付契約しませんか?」
問いかけてくるが、専門用語がわからない。
「なんですか?その買付契約って?」
「買付契約というのは、土地を先に押さえていただくと言うことで、その間は他の人に勧めることはしません。後日、キャンセルも可能です」
「予約みたいなものですか?」

「そうですね。予約みたいなものですね。弊社の本社が近くにありますから、お時間があれば、お寄り下さいますか?」
うーん、ちょっと話しが急すぎるかも。
僕は妻にどうするか尋ねてみたが、妻は、
「いいんじゃない」という返事だったので、思い切って訪ねてみることにした。

実は妻もB型である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

日向凛
2010年05月08日 16:37
私もB型(^-^)
(子供達は、「カールじいさんと空飛ぶ家」を見ています)
日向凛さんへ こうじ
2010年05月09日 06:29
やっぱり(笑)

「カールじいさんと空飛ぶ家」楽しそう!

この記事へのトラックバック

  • 土地探しで、一番大切なこと

    Excerpt: ようこそ、いらっしゃいました。 Weblog: 注文住宅のすすめ~そこは子どもたちのふる里になる racked: 2010-03-21 16:23