テーマ:家を建てる

いつか小さな家を建てたい

将来、子どもたちが大きくなって家を出たら、今の家は夫婦二人には広すぎるので、もう一つ小さな平屋の家を建てましょう。 そして今の家は人に貸して、家賃収入で新しい家のローンを払います。 もし子どもたちの二人のどちらかが結婚して、家が欲しくなったときには我が子に家を貸し、老夫婦が少し離れた場所で暮らすのもいいなあ。 スープの冷めない距離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全面ソーラーパネル

妄想なら南側の屋根を全面ソーラーパネルにするのがいいなあ。 せっかくだから瓦の上にパネルを後付けするのではなくて、設計段階から屋根をソーラーパネルにするのがかっこいい。 それに瓦の上にパネルを載せるのって、非効率的だと思うんだよね。 最初からきちんと施工して外観を美しく、そしてパネルの下はしっかりと断熱材を入れます。 家の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋上を作りたい

屋上と言えば瓦屋根など作らずに、完全防水処理を施した屋上を作って、土を入れ畑を作ればよかった。 屋上に土を入れることで断熱の代わりにもなるから、夏は涼しいはず。 子どもたちに 「上から大根1本抜いてきて」 なんて頼むことも出来るし、レタスをちぎってすぐに食卓に並べるなんてこともできる。 これ以上に新鮮な野菜はない。 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壁の断熱材を増やしたい

よく断熱材のパンフレットで60mmのウレタンは100mmのグラスウールと同じくらいの断熱効果があるようなことを書いてありますが、効果が同じなら100mmのグラスウールでいいわけで、100mmのウレタンが施工できないのなら、安くて施工しやすい方がいいと思います。 もっとも施工の精度は大切で、真四角のパネルをぴったりと張り付ける外張り断熱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窓を小さくしたい

壁側の断熱で一番大切なのは窓です。 我が家は全て二重窓ですが、そもそも窓の数が多すぎましたしひとつひとつが大きすぎました。 1階の間取りはリビングダイニングキッチンと8畳の寝室、トイレ、脱衣場にお風呂そして階段です。 そして窓は寝室に吐き出し窓が1対と左右に開く窓が1対、リビングには吐き出し窓が1対と縦滑り窓が3枚あります。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷たい床がキライ

我が家の床はメンテナンスフリーの合板床。 塗装も強固で10年は塗り直しもいらないという触れ込みで採用しましたが、頑丈な分床は冷たく寒くなると裸足では歩けません。 床下の断熱も30mmのウレタンが床下周壁のコンクリートに貼られているだけで、心許ないものです。 これは完全に失敗でした。 今、設計段階まで時を戻せるなら、床の下に直接1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏は暑く、冬は寒い家

自慢じゃないですが、我が家は夏は暑く冬は寒いです。 夏は2階なら35℃にもなりますし、1階でも32℃を越えることがあります。 一方冬は10℃を切ることもあります。 何が 「夏涼しく、冬は暖かい家」 だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー! それでもこの家に引っ越してからと言うもの、子どもたちは格段に元気になりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家を建てるとは人生最大の道楽だ!

家を建てるなんていうのは手間と時間と大金がかかる道楽で、そこで得るものはできたときのヨロコビと住み始めてからの自己満足だけです。 間違っても、損得勘定で家を建てないでください。 もし賃貸VS持ち家を比較するのなら、すぐに引っ越し可能な賃貸の方が身軽でいいし、不動産を資産にしたいのなら、都会の駅前にある中古のマンションを買うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土地選びの参考に、猫の糞

なんだか臭い話ばかりで恐縮ですが、精魂込めて手入れしている我が家の猫の額ほどの芝生の庭に、猫に糞をされていることがたまにあります。 この間など下痢状のウ○コをされ、庭は臭いし妻は不機嫌になるし、おまけに物干し竿のすぐ近くなので、妻が洗濯物を干すときに踏んでしまいそうな場所にありました。 仕方ないので私はその上から芝生で使う目…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

家の買い時、学区の問題

もうひとつ、家の購入を検討するときに子どもたちが通う「学区」の問題があります。 私も子どもたちが小学校に上がる前に住みかを決めようという思いがありました。 家を建てた今だからわかりますが、希望の学区が決まればまずはその地域に賃貸を借りればいいのです。 先に地元民になってしまえば情報量は格段に上がりますから、掘り出し物の物件も見つけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家に「買い時」はあるのか?

家が欲しいと考えている人が情報を集めているとき、必ずこんな言葉を耳にするでしょう。 「消費税アップ前の今が買い時」 「低金利の今が買い時」 「自分の家、いつ買うの?今でしょ!」 おお!確かにそうだ。税金が3%上がったら、4000万円の家なら120万円も上がるじゃないか。 と舞い上がり、焦って購入してしまいます。 でもそれでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家と幸せの関係

家を建てようと思っている人は、誰しも幸せを夢に描いていると思う。 まさか、不幸になろうと思って家を持とうと思っている人はいないだろう。 だから今日はあえて、どうすれば不幸になるかと考えてみよう。 不幸になる方法を知っていれば、不幸にならずに済むからね。 その1  住宅ローンが払えない。 具体例  ①…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間取り<我が家のこだわり>

① 脱衣室 我が家には女の子が一人いる。年頃になると身支度にも時間がかかるだろうし、父は近づくことができない時期があるだろうから、洗面所と脱衣室は分けた。 脱衣室に洗面所がある場合、年頃の女の子の入浴中を想定すると、確実に1階の洗面所は使えない。 だから、脱衣室は専用にして洗濯機置き場を作り、天井付近にはステンレスポールを2本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わる!?中古住宅市場

以下の記事は自分の期待感を持って書いています。 注文住宅で出来た一戸建てが増えてくる。 あるいは質の高い建売が増えてきたり、良質なマンションが増えてくると、中古住宅市場が変わってくるだろうと考えている。 一戸建てでも60年保証や100年保証が出来ているので、同じ家に子孫が暮らさない限り、その家は売りに出されることになるだろう。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

住んでみて気づいたこと~永遠の未完成を楽しもう

ホームセンターで少しずつ物を揃えていく。 引っ越し前にかなりのものを捨てたのだが、また、物が増えてしまう。 どうしても「収納するための入れ物」も必要となる。 それは住んでからじゃないと、何が必要なのかが見えてこないからだ。 でもゆっくりでいい。 自分の家だから。 自分たちが暮らしやすいように試行錯誤しながら、揃えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然素材への憧れ

 建築会社をどこにするか決めかねているときに、自然素材と外張り断熱+24時間強制換気にこだわっている地元のビルダーを訪ねたことがあった。  杉の床、珪藻土の壁、和紙の天井など、建てる側のコンセプトがはっきりした家の作りで、靴下を脱いで歩いてみた足裏感覚の気持ちいいこと。  家の中全体も木の臭いが満ちていて、とってもよかったな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イメージ通りの住まい

朝起きて、家の中を見渡す。 カーテンと雨戸を開ける。 吹き抜けを見上げと、ふつふつと満足感がこみ上げてくる。 そしてゆっくりとコーヒーを入れる。 2階に上がって、ベランダから外を見る。 いい天気。 気持ちいい。 この瞬間がたまらない。 妻が起きてくる。 子どもたちも起きている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして引っ越し

引越しは金曜日にして、その日だけお休みを頂いた。 あとから思うと、引越しは土曜日にすればよかったと思う。 妻がこつこつと荷造りをしてくれたのだが、引越しの3週間前から子どもたちが相次いで発熱し、病院通いなどで作業は中断。 予想通り、仕事から帰宅した木曜日は徹夜となった。 朝7時、コンビニからおにぎりなどを買ってきて、簡単に朝…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新築住宅の最終手続き

実はあまり理解していないのだが、「登録登記」と「権利登記」を行ってもらい、火災保険の手続きをし、司法書士の立会のもと、銀行では最終ローンの手続きを済ませる。 インターネット検索をすると、登記の手続きは自分でできるらしい。 そうすれば司法書士に払う手数料・数万円は安くなるようである。 時間が取れる人は試してみるといい。 忙しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家電製品の買い替え

 新居に付きものが、家電製品の買い替えである。我が家では、まずテレビと冷蔵庫を新調した。  テレビは念願の「液晶」にして、50kgもある旧型のテレビは引き取ってもらうことにした。  もとより奥行きのある旧来のテレビは、新しい家のレイアウトには設置不可能だ。 ちなみにこれが、自分でデザインした、テレビ台。 真ん中にテレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーテン選び

カーテンは建築会社が専門業者に頼んで用意してくれたプランがあったのだが、センスが悪く、値段もけっこう高く妻もこんなのはいやだという。 そこでインターネットでオーダーカーテンの会社を近くで見つけ、図面を持って訪問してみた。 こじんまりとしたそのお店には、カーテンのサンプルが所狭しと並んでいる。値段もピンきりだ。 僕ら家族以外にお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気配線と照明について

工事の途中で電気配線の現場打ち合わせがある。 電気配線図面が出来ているから、それでいいのかと思っていたら、正面図しかないので、コンセント取り付け高さが分からないし、家自体、図面と変わっている箇所もあるので、現場立会いは大切です。 と監督から説明を受けた。 電気配線で重要なのは、キッチン~リビング(我が家の場合は食堂だけど)と、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「満足度向上予算」があった方がいい

建築が進んで行くと、 どうしても吊棚等を付けたくなる 場所が出てくる。 図面では見えなかった、死角がある。 我が家も、 トイレ内の壁に埋め込むタイプの収納棚を付けたり、 (これが、ビルトインタイプの収納棚。トイレットペーパーなどをすっきり収納できて、気に入ってます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

棟梁とイメージの共有が大切~切抜きが役立つ~

棟梁と話しをしていると、図面を見ながらでもどうも話しがかみ合わないことが度々ありました。 そんな時、役に立ったのが、雑誌の切り抜きをクリアファイルに整理したものです。 食堂の畳スペースのところと天井から吹き抜けの位置関係やバランスは、数枚の切抜きを合わせ、 「こういうイメージで仕上げて欲しい」 旨を伝えると、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家の図面が形になっていく~まるでプラモデルの中にいるみたい

週末になると毎週のように、飽きもせずに子どもたちを連れて、時には妻も参加して家族4人で家を見に行く。 家の中に入っていく僕は、模型の中に入っていくようなワクワク感があった。 棟梁も僕のことを待っていてくれて、図面には表しにくい、細部の打ち合わせや僕のイメージを確認してくれる。 例えばリビングの床の位置より40センチメートル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大工さんとの出会い~家は人が建てるんだ

それからと言うもの、土曜日で休みのときは必ず家を見に行くようになった。 いつもデジカメと差し入れに缶コーヒーとペットボトルのお茶を持って出かける。 建築請負契約の時、神野さんから、 「もう少しでうちでも一番腕のいい大工さんが空くんです。棟梁のスケジュールを確保したいので、是非とも契約をお願いしたいんですよ」 というお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上棟式

地鎮祭から2週間後には上棟式である。 地鎮祭は夕方からであったが、現場監督から、 「当日は朝から棟上げ作業を行っています。クレーン車を使って一気にやりますから、良かったら見に来て下さい。面白いですよ」 と教えてもらった。 前の日は土曜日で休みだったので、棟上の前も見にいった。そこはまだ、コンクリートの枠があるだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地鎮祭

3月の終わり、桜のつぼみが赤くなった頃、地鎮祭がとり行われた。 段取りは全て神野さんたちにお任せである。 残念ながら下の息子が風邪を引いてしまい、僕と娘だけの出席となった。 (2007年のお話です) 神棚を作り、するめ、果物、野菜にお酒を供える。 3メートル四方くらいの陣地を作り、四つ角にしめ縄を飾る。 神主さんがなにや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持ち家か賃貸か、財産か負債か

古くて新しい問題。 賃貸住宅と持ち家はどっかが得か。 ボクなりの結論を言うと、損得、つまりお金の問題なら、賃貸の勝ちだと思っている。 理由は簡単。 住宅ローンは、負債だからだ。 ん? 「注文住宅のすすめ」が、何言ってるんだって? まあ、話しは最後まで聞こう。 数年前までの米国のように、住宅バブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オール電化vsガス

今日は、オール電化について、コメントしようと思う。 結論から言うと、我が家は「ガス」を選んだ。 理由は簡単。 子どもへの教育のためである。 IH器具はなぜ、熱くもないのにお湯が沸くのか、子どもに説明する自信がない。 電子レンジすら、説明できていないのだ(威張ることではないが)。 子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more