オール電化vsガス

今日は、オール電化について、コメントしようと思う。

結論から言うと、我が家は「ガス」を選んだ。



理由は簡単。

子どもへの教育のためである。

IH器具はなぜ、熱くもないのにお湯が沸くのか、子どもに説明する自信がない。

電子レンジすら、説明できていないのだ(威張ることではないが)。



子どもたちに、火の使い方を見せて、教えて、安全に使えるようになることを

身を持って体験させてやりたいのだ。

(考えが古いかなあ)



オール電化は、安全で、お年寄りがいる家庭なら、お勧めしたい。

エコキュート&深夜電力で、安くお湯を沸かして、いつでもお湯が使えるというのも、魅力だ。



でも、いまどき、ガスでも瞬間湯沸かし器方式で、すぐにお湯は出る。

安くできるとはいえ、お湯をためる必要は、あるのだろうか。

それは、家庭の生活スタイルによるのだと思う。

少なくとも我が家は必要ない、と判断した。



そして、特に不便はない。



もう一つおまけで、今の家に引っ越してから、僕のわがままで、「お釜」を購入した。

アルミ製の釜に、鉄製の思い蓋がついて、火の周りが良くなるよう、釜を載せる「はかま」

がついて、8000円。

これで炊いたご飯は最高に美味しい!

10万円近くもするIH炊飯ジャーにも、負けません。・・・たぶん。

おまけに、炊き上がりが早い。

火をつけてから、むらしをいれても、25分とかからない。

画像


これで、我が家のIH器具やオール電化への改造は、当面ないでしょうね。

それから、我が家には食器洗機もないです。

これも必要ないし、子どもと一緒にお皿を洗って拭いてっていう、おうちのお仕事ができますからね。

子どもに『茶碗は機械が洗ってくれる』って思われても、困りますので。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック