テーマ:そして今

暮らし始めて9年がたち *** 小さいことが気になるナア

 この家で暮らし始めてから9年が過ぎましたが、今でもたまに小さいことでが気になります。例えばこんなこと。 1. 寝室の西側の窓は日当たりが悪いから、もっと小さな窓にすればよかった。 2. 2階の子どもたちの部屋には大きな押入を作ればよかった(実際は半畳の収納庫が2つ)。 3. 階段北側の明かり取りの窓はひとつでよかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平屋でよかった?

 ベトナムという国の人たちは家族で雑魚寝が多いという。そんな国で育った若者たちが企業研修等で来日したとき、会社が気を利かせて寮を用意し個室を与えると、精神不安定になる子がいるらしいよ。と今年の1月に出張に行ったときに現地の社長が教えてくれた。  koji家は長女が生まれてからは川の字で床につき、長男が生まれてからは4人で雑魚寝。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温もりの寝室

「君たち、父の枕を取ったり、寝場所を取ったりしないように」  薄暗い豆電球の下で布団に入ったばかりの子どもたちに声をかけると、笑いながら返事が返ってきた。 「寝てるからむりー」 とは長男。 「だって気持ちいいんだもん、しょうがいないじゃん」 とは長女。  毎夜ではないけれど、仕事から早く帰ることができた日や週末は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

給湯器が点火しないのだ

 子どもたちの夏休みが終わり、運動会が近づいた頃の日曜の夕方、お風呂から長女の声が聞こえてきた。 「お母さん!シャワーのお湯が出なくなったんだけどー」  そしてすぐにツマから、 「ちょっと見てみてー」 と声かがかかる。  すでに風呂上がりで新聞を広げながら居間でくつろいでいたボクは慌てて立ち上がり、給湯器のスイッチパネルを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

押入れが欲しい

我が家の2階には、4.5畳の和室と変形10畳の洋間があり、洋間の方は二つに分けられる設計になっています。 収納は各部屋に半畳の収納と廊下にも同じ半畳の収納が2個あるので、十分かと思っていましたが、実際住んでみると押入れがないので布団を入れる場所がない。 せめて4.5畳の和室には1.5畳分の押入れを作るべきだったと激しく後悔しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全面ソーラーパネル

妄想なら南側の屋根を全面ソーラーパネルにするのがいいなあ。 せっかくだから瓦の上にパネルを後付けするのではなくて、設計段階から屋根をソーラーパネルにするのがかっこいい。 それに瓦の上にパネルを載せるのって、非効率的だと思うんだよね。 最初からきちんと施工して外観を美しく、そしてパネルの下はしっかりと断熱材を入れます。 家の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋上を作りたい

屋上と言えば瓦屋根など作らずに、完全防水処理を施した屋上を作って、土を入れ畑を作ればよかった。 屋上に土を入れることで断熱の代わりにもなるから、夏は涼しいはず。 子どもたちに 「上から大根1本抜いてきて」 なんて頼むことも出来るし、レタスをちぎってすぐに食卓に並べるなんてこともできる。 これ以上に新鮮な野菜はない。 ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜風呂が欲しい

我が家の風呂は一坪で、湯船と洗い場が半々。悪くはありません。 でもせっかく注文住宅を建てるのなら、もう少し広いお風呂が良かったなあ。 せっかくなら湯船は檜で一坪。洗い場も一坪。 風呂のドアを開けると木の香りがぷーんとして、それだけで贅沢な感じ。 この際だから、掃除が大変そうとか水道代金がバカにならないとか、そんなことは考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壁の断熱材を増やしたい

よく断熱材のパンフレットで60mmのウレタンは100mmのグラスウールと同じくらいの断熱効果があるようなことを書いてありますが、効果が同じなら100mmのグラスウールでいいわけで、100mmのウレタンが施工できないのなら、安くて施工しやすい方がいいと思います。 もっとも施工の精度は大切で、真四角のパネルをぴったりと張り付ける外張り断熱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窓を小さくしたい

壁側の断熱で一番大切なのは窓です。 我が家は全て二重窓ですが、そもそも窓の数が多すぎましたしひとつひとつが大きすぎました。 1階の間取りはリビングダイニングキッチンと8畳の寝室、トイレ、脱衣場にお風呂そして階段です。 そして窓は寝室に吐き出し窓が1対と左右に開く窓が1対、リビングには吐き出し窓が1対と縦滑り窓が3枚あります。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷たい床がキライ

我が家の床はメンテナンスフリーの合板床。 塗装も強固で10年は塗り直しもいらないという触れ込みで採用しましたが、頑丈な分床は冷たく寒くなると裸足では歩けません。 床下の断熱も30mmのウレタンが床下周壁のコンクリートに貼られているだけで、心許ないものです。 これは完全に失敗でした。 今、設計段階まで時を戻せるなら、床の下に直接1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏は暑く、冬は寒い家

自慢じゃないですが、我が家は夏は暑く冬は寒いです。 夏は2階なら35℃にもなりますし、1階でも32℃を越えることがあります。 一方冬は10℃を切ることもあります。 何が 「夏涼しく、冬は暖かい家」 だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー! それでもこの家に引っ越してからと言うもの、子どもたちは格段に元気になりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家を建てるとは人生最大の道楽だ!

家を建てるなんていうのは手間と時間と大金がかかる道楽で、そこで得るものはできたときのヨロコビと住み始めてからの自己満足だけです。 間違っても、損得勘定で家を建てないでください。 もし賃貸VS持ち家を比較するのなら、すぐに引っ越し可能な賃貸の方が身軽でいいし、不動産を資産にしたいのなら、都会の駅前にある中古のマンションを買うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土地選びの参考に、猫の糞

なんだか臭い話ばかりで恐縮ですが、精魂込めて手入れしている我が家の猫の額ほどの芝生の庭に、猫に糞をされていることがたまにあります。 この間など下痢状のウ○コをされ、庭は臭いし妻は不機嫌になるし、おまけに物干し竿のすぐ近くなので、妻が洗濯物を干すときに踏んでしまいそうな場所にありました。 仕方ないので私はその上から芝生で使う目…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新規分譲地VS古い団地の空き地 どっちがいい?

土地を選ぶときは、新規分譲地がいいでしょうか? それとも古い家を取り壊して出た空き地がいいでしょうか? 我が家は後者を選びました。 それを選んだ理由のひとつに新規分譲地の場合には周りも新築ばかりになるので、ご近所にどんな人が住むかわからない、というリスクがあったからです。 空いた土地なら、周りにどんな人が住んでいるかある程度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家の買い時、学区の問題

もうひとつ、家の購入を検討するときに子どもたちが通う「学区」の問題があります。 私も子どもたちが小学校に上がる前に住みかを決めようという思いがありました。 家を建てた今だからわかりますが、希望の学区が決まればまずはその地域に賃貸を借りればいいのです。 先に地元民になってしまえば情報量は格段に上がりますから、掘り出し物の物件も見つけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家に「買い時」はあるのか?

家が欲しいと考えている人が情報を集めているとき、必ずこんな言葉を耳にするでしょう。 「消費税アップ前の今が買い時」 「低金利の今が買い時」 「自分の家、いつ買うの?今でしょ!」 おお!確かにそうだ。税金が3%上がったら、4000万円の家なら120万円も上がるじゃないか。 と舞い上がり、焦って購入してしまいます。 でもそれでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家を建てたあとの残念な話-土地編、怒るおにいちゃん

前に「騒音おばさん」が話題になりましたよね。 住む場所を決めるときには、周りにどんな人たちが住んでいるのかは気になるところ。 我が家のすぐ近くの一戸建てに、年老いた母とニートらしい40代とおぼしき男性が住んでいて、たまにパトカーがやってきました。 そのときは母に暴力を振るっていたらしい。 幼稚園に通う子どもたちが家の前で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家を建てたあとの残念な話-土地編-豚臭いの続き

前回、家の周りがくさいというお話をしました。 その臭いといったら、外で遊んでいる子どもたちも逃げ帰ってくるほど。 まあそれはともかく先日早起きをしたので、ふと思い立って朝のウォーキングをやってみました。 顔を洗いTシャツとジャージに着替えて、川沿いを早足で歩きます。 1kmほど行くと野球場があり、そこから臭いゾーンに突入。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログタイトル、変えました

ブログタイトル、これまでは 「注文住宅のススメ」 でしたが、今日から 「注文住宅は人生最大の道楽だ」 に変更いたしました。 我が家はこの家で暮らし始めてから7年が立ち、毎日幸せな日々を送っています。 ですから、同じように注文住宅を希望される方には、自分の経験を皆様にお伝えすることには変わりないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妄想か。もし金融と情報が支配されているとしたら?

以前にこんなことを考えたことがあった。 もし世界中が資本主義国になって、世界に銀行がひとつしかなかったとしたら、この世界は全てその銀行のものになるのではないか、と。 そんなことを考えたのは資本主義ということを理解しようとしたときに、物事を単純化しようという試みだった。 ところが、苫米地英人さんの本を読むとそれはあな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空気の通り道を掃除する

さて、梅雨の季節。 皆様の家の24時間換気は、快調に稼働しているだろうか? 家の中の空気を常に循環させながら、外のフレッシュな空気と交換する。 それには吸気ファンと排気ファンのメンテナンスが大切。 まずは吸気ファンから。 パッと見たところ、そんなに汚れていないように見えるけど、 開けてみると、…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

やっぱり耐震性が大事

3.11では我が家も震度5強の揺れを体験した。 ボクはその時間、会社にいたので家の様子は分からないけれど、結果、皿の1枚も割れてなく、被害ゼロ。 横揺れの方向から、床下収納の引き出しが出てきたようだけど、これはタイヤがついているから仕方ない。 ボクは固定していない冷蔵庫が動くんじゃないかと思っていたんだけど、微動だにせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家と幸せの関係

家を建てようと思っている人は、誰しも幸せを夢に描いていると思う。 まさか、不幸になろうと思って家を持とうと思っている人はいないだろう。 だから今日はあえて、どうすれば不幸になるかと考えてみよう。 不幸になる方法を知っていれば、不幸にならずに済むからね。 その1  住宅ローンが払えない。 具体例  ①…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「芝生の修繕」その後

今年の春の終わりに、芝生の修繕を行いました。 その時の様子はこちら。 「芝生の修繕」 それから半年、芝生はきれいになりました。 before aftter ちょっと枯れかけているのは、人がよく通るから。 写真の奥に物置があります。 それでも今年の夏は暑かったので、子どもたちがあんまり芝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗ご飯、お釜で炊いた米はウマイぞ!

栗ご飯が好きだ。 今年は何故か栗を頂くことが多い。 ありがたいことだ。 そして、我が家は電気炊飯器は使わない。 米はガスで炊く。 ガスで炊くお米はウマイ! この4合炊きのお釜はたったの8,000円で購入できる。 そして、壊れない。 まずは強火で5~6分、吹きこぼれが始まると弱火にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わる!?中古住宅市場

以下の記事は自分の期待感を持って書いています。 注文住宅で出来た一戸建てが増えてくる。 あるいは質の高い建売が増えてきたり、良質なマンションが増えてくると、中古住宅市場が変わってくるだろうと考えている。 一戸建てでも60年保証や100年保証が出来ているので、同じ家に子孫が暮らさない限り、その家は売りに出されることになるだろう。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

住んでみて気づいたこと~永遠の未完成を楽しもう

ホームセンターで少しずつ物を揃えていく。 引っ越し前にかなりのものを捨てたのだが、また、物が増えてしまう。 どうしても「収納するための入れ物」も必要となる。 それは住んでからじゃないと、何が必要なのかが見えてこないからだ。 でもゆっくりでいい。 自分の家だから。 自分たちが暮らしやすいように試行錯誤しながら、揃えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然素材への憧れ

 建築会社をどこにするか決めかねているときに、自然素材と外張り断熱+24時間強制換気にこだわっている地元のビルダーを訪ねたことがあった。  杉の床、珪藻土の壁、和紙の天井など、建てる側のコンセプトがはっきりした家の作りで、靴下を脱いで歩いてみた足裏感覚の気持ちいいこと。  家の中全体も木の臭いが満ちていて、とってもよかったな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家電製品の買い替え

 新居に付きものが、家電製品の買い替えである。我が家では、まずテレビと冷蔵庫を新調した。  テレビは念願の「液晶」にして、50kgもある旧型のテレビは引き取ってもらうことにした。  もとより奥行きのある旧来のテレビは、新しい家のレイアウトには設置不可能だ。 ちなみにこれが、自分でデザインした、テレビ台。 真ん中にテレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more